ASAMI, Hiroshi Lab. 浅見洋研究室

講演会

ラファエル・フォン・ケーベル没後100周年記念 ケーベル会発足30周年記念ケーベル会 再発足第1回研究大会
開催日:2023 年 6月 11 日(日) 13:00-17:00
会場:東京大学 本郷キャンパス 法文2号館1番大教室
主催:ケーベル会  共催:哲学会

プログラム
12:30 開場

13:00-13:15 【開会・報告】 「ケーベル会再発足の経緯について」
堤田泰成(ケーベル会事務局)

13:20-14:10 【基調講演】 「ケーベルと文化主義」
大橋容一郎(ケーベル会会長・上智大学名誉教授)

14:30-17:00 【座談会】 『ケーベル ―その精神と思想
「ケーベルと西洋古典」   納富信留(東京大学教授)
「ケーベルの西洋哲学史」   加藤和哉(聖心女子大学教授)
「ケーベルと美学」   津上英輔(成城大学教授)
司会: 鈴木泉(東京大学教授)
タイトルは仮題。各30分程度の発表後、鼎談を行います。

※ 懇親会は行いません。また新型コロナの感染状況によっては開催中止の場合があります。
詳細につきましてはケーベル会ウェブサイト( https://www.koeberkai.org )をご覧ください。

連絡先: ケーベル会事務局
(E-Mail) koeberkai.office@gmail.com

日時: 2023年6月3日(土)午後2時より

会場:Zoom(リンクは、後日、Eメールでお知らせいたします。)

午後2時10分

小林 信之 氏 (早稲田大学文化構想学部/文学研究科 教授)

「西田哲学と情意: 美、悲哀、もののあはれ」

午後4時

田口 茂 氏 (北海道大学 大学院文学研究院 教授)

「媒介」概念の可能性──現代的コンテクストにおける田辺哲学

 

主催:西田・田辺記念講演会 (京都大学文学研究科 日本哲学史研究室・宗教学研究室)

連絡先:日本哲学史研究室 上原麻有子

E-mail japanese_philosophy@yahoo.co.jp

 

【寸心会からのお知らせ】

西田没後、7人の弟子が立ち上げて以来の歴史をもつ寸心会では、例年、妙心寺霊雲院で法要を行ってきました。近年は、西田・田辺記念講演会の翌日曜日の午前中、墓前での読経と、西田の日記/書簡を読んでの感想会を兼ねて、霊雲院で会合を催してきました。

ここ3年間コロナ禍の影響で控えてまいりましたが、このたびの感染症対策の変更を受け、

墓参の実施に踏み切りたいと思います。ご希望の方は、6月4日(日)午前9時50分、妙心寺霊雲院前に集合して下さい。どなたでも参加いただけますが、当日、お布施の一部として、参加費千円を集めさせていただきます。また、マスクの着用をお願いいたします。 ―文責 秋富克哉(寸心会)―

浅見 洋 ASAMI, Hiroshi

asami@ishikawa-nu.ac.jp

石川県西田幾多郎記念哲学館長石川県立看護大学特任教授

PAGETOP