ASAMI, Hiroshi Lab. 浅見洋研究室

研究実績

著書

  • 双頭の鷹 北条時敬の生涯.浅見洋「序」、丸山久美子, 工作舎, 2018.
  • 西田幾多郎の姪 高橋ふみの生涯と思想 おふみさんに続け! 女性哲学者のフロンティア. 浅見洋著, ポラーノ出版, 単著, 2017.
  • 随想断片集 吹き来る風に, 石川県立看護大学人間科学領域, 単著, 2017.
  • 喪失とともに生きる―対話する死生学, 竹之内 裕文 (編集), 浅原 聡子 (編集), ポラーノ出版, 分担執筆, 2016.
  • 現代における死のイメージ.細見博志編:生から死を考える―新「死生学入門」金沢大学講義集-, 北國新聞出版局, 分担執筆, 2013.
  • ケラスティン・ラマー著・浅見洋・吉田新訳:悲しみに寄り添う―死別と悲哀の心理学-, 新教出版社, 翻訳書, 2013.
  • 鈴木大拙と日本文化, 朝文社(東京), 編著, 2010.
  • 高橋ふみ・長尾巻・赤井米吉、『愛蔵版 ふるさと人物伝, 北國新聞社出版局, 共著, 2010.
  • 西田幾多郎とキリスト教の対話(新版), 朝文社(東京), 単著, 2009.
  • 西田幾多郎-生命と宗教に深まりゆく思索-, 春風社(横浜), 単著, 2009.
  • 思想のレクイエム―加賀・能登が生んだ哲学者15人の軌跡.春風社(横浜), 単著, 2006.
  • 郷土の思想家シリーズ②鈴木大拙 鈴木大拙の言葉.金沢市国際文化課, 監修, 2005.
  • 郷土の思想家シリーズ①西田幾多郎 寸心の思想.金沢市国際文化課, 監修, 2005.
  • 高齢者の死生観、金川克子、野口美和子監修、天津栄子編集『最新・高齢者看護プラクティス 認知症ケア・ターミナルケア』, 中央法規出版(東京), 共著, 2005.
  • 現代における死のイメージ.細見博志編:生と死を考える―新「死生学入門」金沢大学講義集-, 北國新聞出版局, 分担執筆, 2004.
  • 二人称の死―西田・大拙・西谷の思想をめぐって.春風社(横浜), 単著, 2003.
  • 西田幾多郎とキリスト教の対話. 朝文社(東京), 単著, 2000.
  • 未完の女性哲学者高橋ふみ.七塚町(石川), 単著, 1997.
  • 高橋文の「フライブルク通信」.北国新聞社出版局(金沢), 編著, 1995
  • 西田哲学を語る(編集・後書き), 燈影舎(京都), 1995.
  • 西洋における自由の考え方, 家塚高志編, 工業高専用哲学, 倫理の教科書『高専生のための倫理社会・哲学』, 学術図書出版, 単著, 1983.
  • 古代の哲学と科学技術, 中村元, 度会正三監修, 工科系大学・工業高専用教養科目の「哲学」の教科書『技術者のための哲学』, 北樹出版, 単著, 1980.

論文

(2010年以降、単著・筆頭のみ)

 

  • 張さつき(ゲスト)、高坂節三(特別ゲスト)、浅見洋(聞き手);対談「父・木村素衛からの贈りもの」,点から線へ(石川県西田幾多郎記念哲学館),140-167, 2019 .3
  • パネル「西田幾多郎未公開ノートの研究資料化」の趣旨とまとめ, 92(別冊),123-124,2019.
  • 水損ノートの修復方針と修復作業について, 92(別冊), 117-118, 2019.
  • 現代哲学と現代看護,西田哲学研究, 15 ,43-89,2018.7
  • 情報化時代における哲学館のレゾンデートル―資料展示と史料保存-, 比較思想研究、44, 2018.
  • 教育者・西田幾多郎から現代教育を考える, 石川教育展望, 69, 2017.
  • エンドオブライフケアの展開とその基盤としての死生観, 日本エンドオブライフケア学会誌, 1, 2017.
  • 田辺元における死者と生者の実存共同, 比較思想学会, 比較思想研究, 43, 2017.
  • 寸心・大拙の思想を育んだ北陸宗教風土, 北陸宗教文化, 30, 2017.
  • 日本人における死生観の変容とエンド・オブ・ライフケア, 看護技術, 62(12), 2016.
  • ルーラルエリアにおける住民の死生観と終末期療養希望の変容, 石川県看護雑誌, 13, 2016.
  • 女性哲学者の初穂・高橋ふみ-知識に磨かれること-, 点から線へ, 65, 2016.
  • 小野寺功『随想 西田哲学から聖霊神学へ』書評,「日本哲学史上の一つの創造的胎動」, 図書新聞, 3237号, 2016.1.
  • 鈴木大拙を読み直す『禅と日本文化』,在家仏教, Vol.64/762, 2015.11.
  • 欧州における「良い死」の多元性とその文化的・宗教的背景」-ドイツにおけるホスピス・緩和ケアの現状とその文化的・宗教的背景,医学哲学医学倫理, 33, 2015.9.
  • ゼールゾルゲとスピリチュアルケアの間, 宗教研究, 88(4), 2015.
  • ドイツ語圏における魂のケア(Seelsorge)の展開とその現状, 比較思想(別冊), 41, 2015.
  • おふみさんに続け!(女性哲学者・高橋ふみ)前篇・後篇, 石川自治と教育, 678・679, 2014.
  • 現代日本のルーラルエリアにおける終末期療養希望場所について, 石川看護雑誌, 11, 2014.
  • ドイツにおける事前医療指定と看取りの現在, 石川看護雑誌, 11, 2014.
  • 人口減少地域における在宅終末期療養の諸問題-奧能登の住民に対する意識調査より-, 石川看護雑誌, 11, 2014.
  • 生老病死/ライフコース-臨床において人生苦をいかに受け止めるか-, 医学哲学医学倫理, 31, 2013.
  • 「善の研究」刊行一〇〇周年に想う, 点から線へ, (61), 2013.
  • グリーフケアにおける死者との関係について, 北陸宗教文化, (25), 2012.
  • 悲哀の救いと癒し-綱島、西田、そしてグリーフケア―, 比較思想研究, (38)別冊, 2012.
  • 人口減少地域における終末期自宅療養希望の減少傾向について-奥能登での意識調査に基づいて-, 石川看護雑誌, 9, 2012.
  • ドイツ語圏における死生観研究に関する予備調査Ⅱ, 石川看護雑誌, 7, 2010.
  • グリーフケアにおける回復とは-死者との関係をめぐって-, 比較思想研究, (36), 2010.
  • 竹内整一『かなしみの哲学―日本思想史の源流―』(書評), 西田哲学会年報, (7), 2010.

研究発表

(2010年以降、単独・筆頭のみ)

  • 浅見美千江,彦聖美,浅見洋;看取りにいたる介護を支えたもの, 日本エンドオブライフケア学会学術集会 (2018. 9. 15))
  • 浅見洋,中嶋優太,満原健,吉野斉志,秋富克哉;(パネル)西田幾多郎未公開ノートの研究資料化―「宗教学講義ノート」を中心に,第77回 日本宗教学会学術大会(2018.9.8)
  • 日本人の死生観とエンドオブライフケア(記念講演会), 日本エンドオブライフケア学会設立総会(2016)
  • 寸心・大拙の思想を育んだ北陸宗教風土(基調講演), 第23回北陸宗教文化学会(2016)
  • 死生観と看取りケア(教育講演Ⅰ), 第47回日本看護学会(2016)
  • 田辺元における死者と生者の実在協同について(シンポジウム発題), 比較思想学会第43回大会(2016)
  • ルーラルエリアにおける住民の死生観と終末期療養希望の変容,日本ルーラルナーシング学会 第10回学術集会(2015)
  • ホスピス・緩和ケアの世俗化と医療化 ――ドイツ、フランス、イタリアの場合, 科研「世俗化する欧州社会における看取りの思想的な拠り所の究明」公開シンポジウム(2015)
  • ゼールゾルゲとスピリチュアルケアの間, 第73回日本宗教学会学術大会(2014)
  • ドイツ語圏における魂のケア(Seelsorge)の展開とその現状, 第21回北陸宗教文化学会(2014)
  • ドイツにおける「良い死」とその文化的・宗教的背景, 第33回医学哲学倫理学会ワークショップ(2014)
  • 人口減少地域(里)での「ふつう死」-終末期療養希望場所に関する調査より-, 日本ルーラルナーシング学会第8回学術集会(2013年)
  • ルーラルにおける終末期療養場所のニーズとその背景-石川・秋田・島根の中山間地での意識調査の結果-, 日本ルーラルナーシング学会第8回学術集会(2013年)
  • ドイツにおける看取りの現在-2012年9月視察より-, 2013年度欧州看取り科研第1回研究会, 昭和大学(2013年)
  • 死別者と死者との関係をめぐって-Grief Care の思想的展開の一側面-, 第31回日本医学哲学倫理学会(2012年)
  • 生老病死/ライフコース -臨床において人生苦をいかに受け止めるか-, 第31回日本医学哲学倫理学会シンポジウム(2012.年)
  • 白山麓地域における終末期療養ニーズの調査 終末期における療養場所の希望, (共), 第16回日本在宅ケア学会学術集会(東京)(2012年)
  • 石川県内の特別養護老人ホームの介護士における看取りに関する意識調査, (共), 第16回日本在宅ケア学会学術集会(東京)(2012年)
  • 江津市に暮らす中高年の死生観と在宅終末期療養ニーズに関する意識調査, (共), 第16回日本在宅ケア学会学術集会(東京)(2012年)
  • ドイツの高齢者施設における看取りの現状, 2012年度欧州看取り科研第1回研究会, 静岡大学(2012年)
  • ドイツにおける高齢者ケアの看取りの現状 , 2012年度欧州看取り科研第2回研究会, 新潟大学(2012年)
  • ルーラルにおける住民の終末期療養ニーズと死生観の変容, グローバルCOE冬季セミナー《医療・介護従事者のための死生学》シンポジウム:地域におけるがん医療と死生学発題(2011年)
  • 悲しみの救いと癒し-綱島梁川、西田幾多郎、グリーフケア-, 比較思想学会北陸支部(2011年)
  • 奥能登住民の死生観と終末期療養ニーズの調査(1)-「終末期における療養場所の希望」の経済的比較-, (共), 第15回日本在宅ケア学会学術集会(広島)(2011年)
  • 奥能登住民の死生観と終末期療養ニーズの調査(2)-「理想的な死」の経済的比較-, (共), 第15回日本在宅ケア学会学術集会(広島)(2011年)
  • 指定介護老人福祉施設における終末期ケア体制の現状と課題-看護師業務と役割に焦点をあてて-, (共), 第15回日本在宅ケア学会学術集会(広島)(2011年)
  • 指定介護老人福祉施設における終末期ケアの現状と課題、第70回日本公衆衛生学会(秋田), (共), 第70回日本公衆衛生学会(2011年)
  • グリーフケアと宗教―西田幾多郎を事例として―, 日本宗教学会第69回学術大会(東京)(2010年)

研究助成

  • 科学研究費補助金基盤研究(B) (一般)「西田幾多郎ノート類資料の研究資料化と哲学形成過程の研究」研究代表者(2017-2020年度)
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽「ドイツ語圏の医療・福祉におけるゼーゾルゲの展開とその現在」研究代表者(2014-2016年度)
  • 平和中島財団外国人研究者等招致助成「ドイツ語圏の医療福祉におけるゼールゾルゲの展開とその現在」研究代表者(2014年度)
  • 科学研究費補助金基盤研究(B)海外「世俗化する欧州社会における看取りの思想的な拠り所の究明」(研究代表者:竹ノ内裕文静岡大学大学院教授)分担研究者(2012-2014年度)
  • 科学研究費補助金基盤研究(B) 「ルーラルにおける住民の死生観と終末期療養ニーズの変容に関する総合的研究」研究代表者(2011-2016年度)
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽「ドイツ語圏のゼーゾルゲにおける悲哀の理解研 究」研究代表者(2011-2012年度)
  • 科学研究費補助金基盤研究(B)「人口減少地帯における死生観とケアニーズの実態と変容に関する研究」研究代表者( 2007-2010年度)
  • 科学研究費補助金基盤研究(B)「高齢者の死生観とケア・ニーズに関する研究」 研究代表者(2004-2006年度)
  • 石川県立看護大学地域ケア総合センター調査研究事業助成「高齢者の死生観とケア」研究代表者(2003-2005年度)

浅見 洋 ASAMI, Hiroshi

asami@ishikawa-nu.ac.jp

石川県西田幾多郎記念哲学館長石川県立看護大学特任教授

PAGETOP