ASAMI, Hiroshi Lab. 浅見洋研究室

2022年度の記事

石川県西田幾多郎記念哲学館で350円で購入することができます。

西田哲学会第二十回年次大会報告等が中心ですが、最終ページに浅見洋、中嶋優太「『西田氏実在論及倫理学』の所蔵確認について」という小さな報告文章が掲載されました。

日時:2022年11月24日:北國新聞朝刊1面

大見出し:西田幾多郎の大量直筆原稿

寄贈元:故上田薫氏

内容:岩波全集記載の直筆原稿(ノート類100冊、メモ)、未公開写真(家族写真中心)、書簡、ハガキ、書き込みのある蔵書等

*浅見洋の談話有

 

今年度の最優秀作品の小学校の部は羽咋市立邑知小学校、中学校の部2点は羽咋市立邑知中学校で小中学校は邑知中学校が独占しました。また、高校生の部は昨年に引き続きて石川工業高等専門学校の高木大雅君でした。応募総数が4598点で本コンクールの広がりと同時に、生徒たちの感性の豊かさに触れることができて感謝でした。

日本エンドオブライフケア学会第5回学術集会(https://procomu.jp/eolcconf2022/)は
参加登録した方々へのオンデマンド配信を開始しました。
参加登録時に発行されましたIDとPWでオンラインHPにログインし、視聴することだできます。

長江弘子編『看護実践に生かすエンド・オブ・ライフケア』日本看護出版会の第2版第3刷が2022年9月30日に発行されました。

2014年に第1版第1冊が発行されてから、すでに6刷になりました。

浅見は理論編の第2章「エンド・オブ・ライフケア」が必要とされる日本の社会的背景の1「死生観を基礎としたエンド・オブ・ライフケア構築のために」を担当しています。

この発行にあたり、次のような出版社からの推薦に辞があります。
◎看護実践の視点からまとめた「エンド・オブ・ライフケア」の好評書、待望の改訂版。実践の基礎となる「理論」を充実、「実践事例」も見直しを行いました。

開館20周年を記念して、新たなグッズ「哲学者ふせん」を作成しました。
論文などで繰り返される西田幾多郎の書き癖を、西田の直筆文字で再現。
この付箋を使えばあなたのメッセージも西田独特の文体に!?

ちょっとした伝言や、贈物に添えるメッセージなど、
さまざまな場面でお使いいただけます。

価格:250円(税込)
内容:「であるのである」「でなければならない」2種×50枚セット

ご来館の際は、是非お手に取ってご覧ください!

~SNSイベント「『哲学者ふせん』のススメ」実施!~

「哲学者ふせん」のユニークな使い方を大募集!
ハッシュタグ「#哲学者ふせん」「#西田幾多郎記念哲学館」をつけて、
インスタグラムに投稿してみませんか?

【期間】
塗装工事:令和4年9月6日(火)~9月22日(木)
燻蒸作業:令和4年9月26日(月)~10月3日(月)
期間中、哲学館の敷地に建つ西田幾多郎書斎「骨清窟」の塗装工事及び薬剤散布による燻蒸を行います。
安全のため立ち入り禁止区域には入らないようお願いたします。
また、本館につきましても、9月27日(火)は展示室メンテナンスのため臨時休館となります。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
石川県西田幾多郎記念哲学館

1986年から続いてきた学会ですが、今回で幕を下ろすことになりました。

参加費は不要ですので、ご関心の皆さまの参加を期待しております。

北陸宗教文化学会閉会記念研究発表会
日時:8月27日(土)2時から5時40分まで
場所:金沢大学サテライトプラザ3階研修室
プログラム:
14:00-14:10 開会あいさつ
14:10-15:20 閉会記念講演 浅見洋「今世紀における西田哲学研究の変遷とその現在」
15:30-17:30: 一般演題
15:30-16:10 大熊玄:「エーリッヒ・フロムの仏教理解とその受容」
16:10-16:50 鈴木康文:「ヒトの自己家畜化と進化倫理学」
16:50-17:30 宮島光志:「三木清と務台理作―新たなヒューマニズムの模索」
17:30-17:40: 閉会あいさつ

 

〈講演録〉

西田哲学と「東洋的世界観の論理」ー日本文化の問題再考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西平  直

西田幾多郎と内村鑑三、あるいは哲学と宗教の関係について・・・・・・・・・・・・・・・・・・関根 清三

〈シンポジウム「生死(しょうじ)とケアと西田哲学」〉

エンドオブライフケアの現在とアポリア――場所的論理は新たなケア把握の視座たり得るか――・・浅見 洋

行為的自己の否定性と生命の表現──西田幾多郎におけるケア論の可能 ──・・・・・・・・・・・丹木  博一

 

 

 

浅見 洋 ASAMI, Hiroshi

asami@ishikawa-nu.ac.jp

石川県西田幾多郎記念哲学館長石川県立看護大学特任教授

PAGETOP